« ニフティの反応はまず社長から | トップページ | 問題はレスポンスだけなのだろうか »

2005.12.02

ようやく必要な情報が公開・提示されてきた

12月に入って、ココログの一連の問題は運営側からの反応が活発になってきた。

まずは社長のブログにてココログの性能問題への対応状況
そしてココログスタッフからのトラックバックスパムとレスポンス対策について

そしてココログユーザー全般への周知がようやく「お知らせココログ」でなされた。(レスポンス悪化についてのお詫び)

トラックバックスパムへの対応については「頑張ってください」としか言うことはない。
昨夜の状況は仕事の都合で確認できていないが、21時過ぎに記事をアップした時点では管理画面のレスポンスに関してストレスは受けなかったので、対策は効果を上げてきているのではないかと思う。先月27日にはそのくらいの時間から、激重としか言いようのないレスポンスの状態になっていたことと比べたら雲泥の差だ。
ただ自分の知っている範囲では、メールでのスパム量が週末・休日になると増加している傾向が強いので、この週末にどうなるかは予断を許せないようにも思う。

トラックバックスパムは以前にもシステムへの影響が深くなって障害を起こしている(理由としてトラックバックスパムが上げられているのは2005年10月中旬に発生していたもの)が、そろそろ決定打とも言える対応がちゃんと機能するようになってもらいたいものだと思う。

さて、ここまでの流れの中で置き去りにされているのは、ココログフリーの方がバージョンが新しいシステムのためにベーシック、プラス、プロの既存ユーザーの受けるサービスとの間に格差が生じている問題だ。
こちらにも明確な今後の方針について早急に提示していただきたいものだ。「気がついたら2006年3月になっていた」などという事態は御免こうむりたい。

|

« ニフティの反応はまず社長から | トップページ | 問題はレスポンスだけなのだろうか »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。