« Yahoo! が本気で | トップページ | ココログ、重すぎる »

2005.03.01

微妙に増えた

ココログの容量について、現時点でのアナウンスがあった。

しかし、暫定的な印象を強く受ける。
ベーシックで50MB。プロですら300MBというのは、やはり容量として見劣りしてしまう。
2003年12月から利用し続けているわけだが、今の時点で、記事数576、使用容量10.944MB。15ヶ月でおよそ2割(増量された結果では2割だが、増量前の30MBを分母にしたら3割3分だ)を使ってきてしまっている。
これまでと変わらないペースで記事を追加していったのなら、増量されていなければ30ヶ月後には満杯になってしまっていたはずだ。

運営側も何も考えていないわけではないということが分かった点は大きな収穫だ。検討しなければいけない項目についても理解できないわけではない。しかし、早い時点で明確な方向性を示さない限り、ココログは見劣りするサービスとして世間から見放されることになってしまってもしかたがないと思う。
ココログは有料サービスだ。ベーシックですら、基本的には@niftyの会費の範囲内、会員でなければ別途徴収される料金の上に成り立っているサービスだ。それだけに、しっかりとした運営をして欲しいと思う。

運営側の言う、サーバーレスポンスが遅くならないサービスを第一に、という視点は大切だ。たしかに夜間になるととたんに表示が重くなるブログサービスはいくつか見受けられる。しかし、できれば容量ともうまくバランスを取って欲しい。

ただし、運営側の言う「アップロードするファイルに対しては何も制限をかけておらず、総ディスク容量を制限するシステムを採用しております。」には多少の疑問が残る。
実は以前に Shockwave Flashファイルをアップロードしたことがあるが、その記事はアーカイブから開くとFlashムービーがデッドリンクになっているのか表示されない。実質的には「真である」とは言えない文言だと思う。
それに記事あたりのファイル容量に対する懸念を書き連ねているようだが、たとえば (まだβ版のサービスながらも、Yahoo!ブログでは、「1つのファイルにつき1MBが上限」「1つの記事について、掲載できる画像の容量は全体で2MB」という制限がついているが、これで不足するような記事とはいったいどんなものだろう? まさかメガピクセルのデジカメで撮影した画像を無修正のまま掲載するとか? 自分としてはそんな利用は絶対にしないので無関係な話だが。利用するにしてもそれなりの工夫はする。

いずれにせよ、三ヶ月以内に告知を行うと明言した以上、それなりの納得できる内容であることをニフティには期待したい。

|

« Yahoo! が本気で | トップページ | ココログ、重すぎる »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。